まぁぁぁなんということでしょう

門・塀・庭シリーズ第3弾 完成 数奇屋門自体を少しセットバックし懐を持たせることで奥行き感と安定感・袖壁を設けることで門柱機能と同時にアルミ特有のギラギラを緩和しました。また、瓦は既存を使いそこにあったものをまた同じ場所で使いました。 詳細はビフォー・アフターで

 
1781
1791