京都のギャラリーにて

1602
1612
 
滋賀で素敵なエクステリアと造園をデザイン施工する京阪グリーンです
 
大学の友人が京都のギャラリーでグループ展をしているので、休日に見に行くことにしました。
 
左の写真はカズラという蔓で、それを水に浸して軟らかくした後に形を形成していくみたいです。
人工的に形を造形していくなかで、カズラの自然の形の力強さが見えてくるような作品でした。
 
右側の作品は、建築模型などを作るときに使用するスチレンボードを重ねて立体的にした絵画のような造形です。
白一色ですが、流れるような曲線がライトに照らされ、その陰影がよりはっきりと表現されています。
 
二人の作品を見ていると、こっちも感化されて、また模型とかオブジェとか作りたくなってきます。
 
naka