門・塀・庭シリーズ(第3弾)

1761

既存の木製門と塀が惜しくも朽ちてきた為、総アルミにてやりかえ作業中。 数奇屋門には三協立山アルミ㈱と大和塀は㈱タカショーを採用。 従来の木製の雰囲気をだしつつ、日本建築との調和がみごとです。 年内には完成予定。また完成したらビフォー・アフターに。 宮崎