かねてより話題となってましたダリ展に行ってまいりました

ダリ1
ダリ2


言わずと知れたスペインが生んだ超現実主義 シュルレアリスムの巨匠、サルバドール・ダリです。
もとも絵が好きだったんですが、小学校の図工の教科書に載っていたダリの作品を見て衝撃が走ったのを覚えています。
それからは勝手に大師匠と仰ぎ、自分の部屋にはポスターからジグソーパズル、カレンダーから図鑑とダリずくしでした。
学生時代の課題でもちょっと真似て賞をもらったこともあります。
もともと、絵画でも音楽でも、少し見たり聴いたりした時に 「あれ!?なにこれ!?これでいいの??」 と不安になり、
よりよく追求していくうちにドップリはまる事が多いのですが、師匠の作品はまさにそれでした。
何度か小さな展覧会に行ったこともあるのですが、久しぶりに師匠の作品を見て、改めて神だと思いましたね
ダブル・イメージといって物を被せて描く、だまし絵的な手法をよく使われるのですが、綿密に計算つくされたそれはもう絵ではなく、生きた物のように「自分の中の無意識」に訴えかけてくるようさえ感じました

そして、展覧会は作品も勿論素晴らしいのですが、それまでのスケッチや習作も見れるのが好きです。
自分もCADで図面を起こすまでに、裏紙などに手描きでスケッチをして考えますが、どんな巨匠でもちょっとのスケッチや何枚もの習作を重ねて、あのすばらしい作品が出来上がるのだと改めて感じました。
久しぶりに一人で訪れた美術館、二時間たっぷり師匠の作品を堪能し、改めて絵画の楽しさ・素晴らしさを感じ、自分の中の
感覚を振るい起こせた時間でした


 

ダリ3

♪ゴッホより~ふつ~に、ダリさんがすっ~き~

yoccy