先日、大津市営住宅地の樹木の剪定作業を行いました。 (ちょっとお堅い表現ですが・・)剪定・整枝の主な目的としては、樹木の樹種別に有する自然の樹形を、樹木の用途に合わせて観賞と美観の価値を増しつつ、生長を矯正、誘導していくために行うものです。

z_192
z_193

植栽された樹木を自然のままに放置しておくと、枝葉が密生して樹形の乱れを生じ生育が阻害されます。適切な剪定によって樹木の発芽、発根を促し、各枝梢のバランスをよくし、均整のとれた生育をさせ自然樹形の美しさがでます。 また、病害虫の発生を未然に防止するなどの効果もあります。 公共場所では予算の関係なんかもあり2年に1度の施工になったりしますが、できれば毎年の剪定をおすすめします。


MIYA