ミシシッピーの風を感じるお住まい 草津市

玄関前のカバードポーチがあるお住まいは、アーリーアメリカンの時代を想定したカントリー風のデザイン。白いフェンスとレンガで、自然を活かした雰囲気づくりをしました。白いフェンスと一面の緑の芝生がきれいなコントラストを描き出しています。門柱の横にシンボル的に配置した枕木と車輪のオブジェがデザインを引き立てています。門柱や花壇に合わせてアプローチにもレンガを使用、種類の違うレンガを用いて、よりナチュラルな感覚を演出しました。
クローズ外構
クローズ外構
門柱や花壇にはアンティークレンガのように多彩な表情を感じさせるディアナブリックを使用。
色が重なり合うように焼き上げたエイジング加工を施しています。
クローズ外構
アプローチには無骨な表情で味わい深い空間を演出してくれるソイルブルレンガを用いました。
角が取れたヴィンテージ感がナチュラルな雰囲気にピッタリです。
クローズ外構
オリーブの木と下草が優しく外構を引き立てます。
両開きの門扉は木樹脂製のアーバン門扉です。
クローズ外構
広々とした一面の芝生で開放感のあるお庭です。
クローズ外構
ヴィンテージレンガのアプローチ。
カントリー風デザイン
木製に見える枕木はコンクリート擬木。
TOYO工業のヴィンテージウッドスリーパーです。
車輪のガーデンアイテムが植栽とマッチしています。

カントリー風デザイン
シンボリックな白いフェンスは木樹脂製のアーバンフェンス。
木材に近い質感でメンテナンスフリー、人気の素材です。
担当
上田 雅之
デザイン
吉川 敬大