主庭に生まれ変わったスペースで水の流れを表現 野州市 

05319
はなれを撤去したスペースを主庭として生まれ変わらす計画でした。もともとあった堀に井筒を設けて意味のある空間にしました。筧 から流れる水が水鉢にたまり、蹲踞から石筧へ、井筒に水があふれ堀に水がたまる、そんな水の流れのイメージを想像させる庭に仕上がりました。 道路と敷地の区切りには、ずらした塀を配置して自然と庭に意識が向くようにしました。
05420
05519
05614
05714
05811
05913
06011
担当
宮崎 忠
デザイン
小嶋 知孝