くつろぎのスペースと時間が生まれました 大津市

1545
狭いスペースを生かしたテラスとウリン材のデッキです。同じくウリン材を使った立込みで外部の視線をさえぎりながら明るくモダンな感じにしました。以前は芝生でしたが、テラスにしたことで雑草等お庭の管理も楽になりくつろぎのスペースと時間が生まれました。リンクストーンの床のタイルがアクセントに。四隅のブルーのタイルはレリーフタイルです。新たに設けた花壇に既存のツルバラを植えられました。美しいバラの垣根に成長するのが楽しみです。
1555
1565
1576
1585
担当
宮崎 忠
デザイン
小嶋 知孝