庭の中のお住まい 草津市

どの窓からもお庭が望めるようにとのご希望で、坪庭は苔と石で構成し、茶庭の伝統を踏襲した和庭に、裏手に広がるお庭は野山のイメージで、雑木林のナチュラルガーデンに仕立てました。 アプローチの白いタイルは、建物と同種のタイルを用いて道路からお住まいまでを連動させ、奥行きを感じさせるように工夫しています。門柱のタイルもお住まいと同種の物を用いて、笠は黒御影石、アルミ鋳物のアイアン風門扉で、クラシカルな重厚さを感じさせます。
4852
4862
壁にデザインした四角の窓は、上品なしぼり窓です。
4872
グレーのタイルをアクセントに、奥行きを感じさせるアプローチです。
4882
タイルの白と植え込みや芝生の緑のコントラストが美しいです。
4891
白いアプローチがナチュラルガーデンへと誘います。
4902
室内から見た坪庭は、額縁に入った一枚の絵に見立てられます。
4912
筧から蹲に風情ある水音が響きます。
4922
茶庭の伝統を踏襲した飛石。
4932
裏山を借景に、自然を取り入れたナチュラルガーデン。
4942
雑木林のイメージの植栽です。
4952
駐車スペースは洗い出しとタイルで変化をつけています。
4962
石積みには疋田石を用いています。
担当
上田 雅之