地域に密着 大石 義民の碑整備 大津市

「大石 義民の碑」は大津市の南部、大石東と田上(たなかみ)関津町を結ぶ関津峠にあります。江戸時代初期、大石各村から関津峠を越え出荷される木柴運搬用の人馬に膳所藩の代官が重税をかけ、そのため村人たちは貧しい生活を強いられました。窮状を見かねた富川村の庄屋彦治と弟の源吾が幕府の巡見使に命をかけて直訴。兄弟は峠ではりつけとなりましたが、そのおかげで重税は廃止されました。 周りの木々が生長し、薄暗くなっていた義民碑の周りを石積みと敷石で整備しました。
0497
0506
before
05112
horizontal
after
05214
before
05312
horizontal
after
05414
担当
宮崎 忠