ガーデンルームから眺める和の趣 大津市

ガーデンルームは三協アルミのハピーナ土間タイプです。テラスに使用したタイルは、リビエラのクォーツタイル、内部日除けや網戸を取り付け、夏も快適に過ごせます。坪庭にはオンリーワンの淡路瓦の小端立て用丸瓦を埋め込み、コケの緑と白川砂利の白を曲線で仕切り、2色のコントラストを際立たせています。飛び石はアイランドの六方石、ブルーの信楽の水鉢は乱石積を台にしています。このブルーの水鉢が和の空間にモダン感覚をプラスしています。植栽はイロハモミジ、アセビ、マンリョウなどで四季それぞれに楽しめます。周りのフェンスは、坪庭には虎竹の御簾垣(人工)を低めに配置し、ガーデンルームの前にはアーバンフエンス、駐車スペースとの仕切りにはリクシルのプラスGで目隠しを兼ねた仕切りを取り付けました。植栽は常緑ヤマボウシ、足元に伊勢ゴロタを入れナチュラルな雰囲気を出しています。照明はタカショーのシンプルLEDポールライトです。
1134
1144
1153
1163
1173
1183
1193
1203
1213
1223
担当
小嶋 知孝