白・黒がメインなモダン外構 門柱に凹凸の表情を 京田辺市

2564
白・黒がメインなモダンな外構に仕上げました。門柱にはエッジをきかせ自然石(石英岩)ユニソン〝パイルストーン〟で凹凸の表情を表現しました。庭先には樹脂デッキと壁栓を設け、デッキテラス上でガーデニングを楽しんでいただけるよう、花壇スペースを造作しました。プライベートスペースをより快適に過ごしていただけるよう、隣地境界には目隠しパネルを設置しました。
2574
門柱にエッジをきかしているので、それに合わせアプローチもデザイン。
門柱のモノクロームに合わせ、タイルの色も統一させました。
2584
隣道がお家の前で狭小している事もあり、門柱を道路境界に対し斜めに設置。サインの見やすさと来客への配慮を考えています
2594
ユニソン〝パイルストーン〟を使う事により壁面を描く圧倒的な素材感と美しい陰影を楽しんでいただけます。夜にはスポットライトを下から照らす事により、より美しい陰影が見られます。
2604
壁栓を設けました。
2614
隣地境界には目隠しパネルを設置。
注目していただきたいのは壁面(側面)にある補助蛇口。サイドヤードの菜園スペースの水やりに活かされます
2625
奥様にガーデニングを楽しんでいただく為に花壇を作成。デッキ上でのガーデニングが可能となりました。庭先を最大限に活かした〝使う庭〟