統一性を持たせた二種類の門柱 草津市

2686
統一性を持たした二種類の門柱があるモダンエクステリア。タイルアプローチの色のラインと門柱のライン、駐車場のレンガのラインすべてに意味があるものとなっています。片側の門柱(白)の表札にはアンティークとモダンな感覚を内包した鉄板の表を、もう一つの門柱(黒)には木目がポイントのポストを入れ、より違いを強調しましたが、色使いでうまく統一させました。
2694
駐車場のラインにも拘りがあります。縦に駐車される場合は縦のレンガラインを見印にしていただければ、3台(軽2台、乗用車1台)斜めに駐車される場合は2台(乗用車2台)可変性のあるちょっとしたデザインです
2704
アプローチにはタイルを。300角のタイル、名古屋モザイク シクーロを使いました
2714
門柱(黒)のポイントにはオンリーワン ヴァリオウッディで安定感をもたらす木目を
2723
門柱(白)には色々の表情を見せる鍛鉄素材をポイントに。窓とラインで統一性を出しました
2733
植栽には、ニューサイラン赤葉、イジュ、ネグンドカエデフラミンゴで南の風が吹き込むイメージ
担当
小嶋 知孝