ボーダータイルがアクセントのオープン外構 草津市

2853
色彩美を感じる色使いとボーダータイルがポイントとなる門柱のあるオープン外構。ポストにはデザイン性のあるものを提案。住まいの顔となる表札には美濃クラフトオブジェサインでアートをプラス。表札とポストのデザインがマッチした門柱となりました。
2863
カーポートにはTOEXのアーキフィットを使用 スリムなフォルムが空間を演出
2873
シンボルツリーにはエゴを植栽。門柱前のオタフクナンテンオの赤と表札の緑に色彩美を感じます
芝生を植えました。青々とした芝生が生えるころにはもう一色、庭先というキャンパスに色が追加されます。エゴの四季折々の表情や色合いもプラス
担当
小嶋 知孝