ナチュラル素材であたたかな石使い 京都市

2963
天然石+芝、天然石+洗い出し、石畳を組み合わせたアプローチとガレージで、ナチュラルなイメージでありながら、機能性にも優れてたスペースになっています。門柱にも曲線を用いてやわらかに、立て込みや手すりはウリン材で、木調の立水栓はFRP性のディーズガーデンの製品です。植木はフェイジョア、ヤマボウシ、オリーブなどで、花や実も楽しめます。裏庭のフェンスは木調の発泡樹脂性「アーバンフェンス」で、目隠しの役目をしてくれます。
2973
板石と芝生の組み合わせ
2983
洗い出しに板石でポイントを
2993
アプローチは石畳で曲線を表現
3003
お住まいのドアともマッチした手すりはウリン材です
3013
やや丸みを持たせた門柱とウリン材の立て込みです
3023
発泡樹脂製のアーバンフェンス、木調なのでナチュラルな雰囲気が満点です