モッコウバラのためのパーゴラ 大津市

1655
既存のデッキにパーゴラと手摺をつけました。お庭にウリン材で造った台は花台にしてリビングルームからの眺めを楽しんだり、ゴロンと寝転んで空を眺めたり、ベンチとしてもお子様の遊び場としても、多目的に使える楽しいものです。マリンランプの明かりも夜のお庭を彩ります。立水栓もウリン材とマリンランプで統一感を出しました。植栽はオリーブ・ブラシノキ・ムクゲ・フェイジョアなどをプラス。大切に育てておられるモッコウバラをパーゴラに這わせる予定との事、満開の季節が楽しみです。
1666
1675
1685
1695
担当
福島 健司
デザイン
小嶋 知孝