建物の曲線を活かしたレンガの花壇とプチベンチ 大津市

1595
建物の基礎が殺風景なので花壇を造りたいとのご要望でした。建物の曲線を生かしてレンガ積みの花壇を造り、オタフクナンテン・ヤブラン・ハツユキカズラ・フィリフィアオーレなど常緑の植物を植え、季節を通して緑が楽しめるようにしました。花壇の続きの玄関脇にベンチを設けたので、色々と使えて便利です。またお庭とカースペースの区切りとして木目調のアルミ素材の目隠しフェンスを立てました。オリーブの木の足元には石を積み、お庭におしゃれな彩りを添えています。
1605
1615
1625
1635
1645
担当
大道 佳範
デザイン
小嶋 知孝