WORKS

HOME > 施工事例 > 空きスペースを活かして、暮らしが広がるウッドデッキ 米原市

空きスペースを活かして、暮らしが広がるウッドデッキ 米原市

中途半端になってしまっていたスペースにウッドデッキを設置しました。
フェンスでしっかり目隠ししているので、人目を気にせず、ゆったりくつろぐことができます。
人工芝の緑とデッキ・フェンスの木目調のコントラストが爽やかで、楽しいお庭時間を演出してくれると思います。
生まれ変わったお庭のシンボルツリーには、シマトネリコを選びました。
ウッドデッキはLIXILの樹ら楽ステージ、フェンスはエクスタイルのアーバンフェンスです。

立水栓も設置しました。オンリーワンクラブのジラーレW、おしゃれな立水栓です。

担当者 吉川 敬大
デザイン 倉冨 絵里香

お客様より一言


複数の提案をしていただいても良かったかな
複数の提案をしていただいても良かったかな

漠然としたイメージしかお伝えしていなかったのに、とてもおしゃれな庭を作っていただき、毎朝起きてから外を見るのが楽しいです。
ありがとうございました。
あえて申し上げるなら、一度の打ち合わせで、複数提案していただいても良かったかとは思います。いくつかの案の中から選ぶのも楽しそうだと思うからです。


presented by niwary(ニワリー・ニワリィ)

キーワード

ウッドデッキ 人工芝 フェンス 目隠しフェンス アウトドアリビング 芝生 おうち時間

  「ガーデン・和庭」「ビフォーアフター(お庭・外構リフォーム)」「ナチュラルな施工事例」の他の事例