STAFF BLOG

HOME > スタッフブログ

スクリーンタイプの目隠しフェンス

施工事例紹介ページやスタッフブログで、いろいろな現場の写真をご紹介していますが、たまに、Instagramでのみ、ご紹介しているものもあります。
今回、Instagramのみでご紹介したものを、興味を持たれた方が多かったようなので、ひとつご紹介します。

スクリーンタイプの目隠しフェンス
しっかり目隠ししたいけれど、暗くなってしまうのは困りもの。
こんなスクリーンタイプはいかがですか?
採光しながらも、きちんと目隠ししてくれます。
この写真では、上半分だけがスクリーンになっていますが、上から下までスクリーンにするなど、組み合わせを選ぶことができるので、敷地の条件などに合わせて、ぴったりの目隠しを設置することができます。

スクリーンタイプの目隠しフェンス

このような木調格子のものの他に、角格子タイプや横格子タイプのものもあります。

スクリーンタイプの目隠しフェンス

スクリーンタイプの目隠しフェンス

上記商品のご紹介は下記に掲載しておりますので、併せてご覧ください。
⇒商品紹介ページ「目かくし効果バツグンGスクリーン[LIXIL]」はこちら

いくつか他の事例もご紹介します。

スクリーンタイプの目隠しフェンス

使いづらいデッドスペースを活かしたデッキスペースです。
お隣からの視線を遮るのにしっかり目隠しする必要がありますが、通常のフェンスだとかなり暗くなってしまいます。
採光と目隠しをしっかり両立することができました。
⇒事例紹介ページ「隠れ家 ~デッドスペースを活かして~」はこちら

スクリーンタイプの目隠しフェンス

中庭とガレージの間には、LIXILの+Gスクリーン、角格子タイプを設置しました。
道路からしっかり目隠ししながら、光をお庭に取り込むことができます。
⇒事例紹介ページ「シャープなデザインのエクステリア 草津市」はこちら

スクリーンタイプの目隠しフェンス

ゆるやかに間取ることで、光を通しつつ視線をカットしています。
⇒事例紹介ページ「光を遮らず、おしゃれに目隠し 草津市」はこちら

ぴったりのプランをご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

スクリーンタイプの目隠しフェンス 営業担当:小嶋

ちなみにIntagramに載せたものはこちら。
日々更新していますので、ぜひチェックしてみてください!

 

この投稿をInstagramで見る

 

滋賀・京都 お庭・外構のことなら 京阪グリーン(@keihangreen)がシェアした投稿

2021年07月30日 | 営業部ブログ

大きなクスノキの移植

以前に施工させていただいた草津にある「GEOGRAPHY」様。

大きなクスノキの移植

⇒事例紹介ページ「大きなクスノキがシンボル! 草津市 ジェオグラフィー」はこちら

大変残念なことなのですが、この度閉店されることになり、シンボルツリーの大きなクスノキを移植することとなりました。

落葉樹は冬になると葉を落とし、休眠状態になります。
休眠中は根が活動を止めるため、移植を行っても植木に負担がかかりません。
ただでさえ、移植は木に負担がかかります。
ですので、本来は冬に移植を行うのが最適なのですが、皆さまに愛されてきたシンボルツリーを処分してしまうのは忍びないとおっしゃっていただき、移植にチャレンジすることになりました。

丁寧に根回しして、吊り下げて・・・
根回しって何?という方は、こちらのブログ記事をご覧ください。
⇒ブログ記事「何ごとも「根回し」が大切」はこちら

大きなクスノキの移植
トラックに積んで作業完了。
一旦、園芸やさんに引き取られていきます。

大きなクスノキの移植
新しい場所で無事に根付いてくれることを願っています。

作業の様子を動画にアップしてみました。
大きな木が動かされる様子は圧巻です。

大きなクスノキの移植 造園部担当:吉田

2021年07月29日 | 造園部のグリーンブログ

お庭&外構のライトアップ

先日ご紹介した石張りで存在感のある門柱と塀のおうち。
⇒事例紹介ページ「石張りで存在感のある門柱とフレームでモダンな外構に 大津市」はこちら
ご主人様から
「夜のライトアップが気に入っているから、夜の写真も撮りに来てね」
とおっしゃっていただいていたのですが、日没が遅いので、なかなか撮りに行けず、やっとお伺いすることができました。

お庭&外構のライトアップ
元々、野性味のあるナチュラル感がある門柱なのですが、暗い中で照らされると、陰影が強調されて、さらにその趣きが増します。
お昼間に同じ角度から見たところはこちら。

お庭&外構のライトアップ
おうちの外壁に、庭木のシルエットが映し出されているのが、ちょっぴり幻想的です。

お庭&外構のライトアップ
お庭や外構の照明は防犯の面からも大切ですが、昼間とはまた違った表情になり、おしゃれなのも魅力です。
お仕事や学校から疲れて帰ってきても、こんな灯りで迎えられたら、疲れも癒されますね。
事例紹介ページに、他の夜の写真も追加したので、ご覧になってみてくださいね。

お庭&外構のライトアップ 営業担当:小嶋

2021年07月23日 | 設計部の日常ブログ

実は育てやすい、ココスヤシ

じわじわと人気の高まりを見せ、庭木として一定の人気をもつココスヤシ。
「ヤシ」と聞くと、ハワイなどの暖かいリゾート地で樹高20~30メートル近くになった姿を思い浮かべる方が多く、
「植えたいけれど、どれくらいの速さで大きくなるの?」
と時々、来店されたお客様からご質問を受けることがあります。

実は育てやすい、ココスヤシ
本社展示場にあるココスヤシの現在の姿です。
以前の写真がないかなと思って探してみたら、2015年の写真が見つかりました。

実は育てやすい、ココスヤシ
根元を見ると、ずいぶん大きくなっていますが、その割には背丈はあまり伸びていない気がします。
ココスヤシは、耐寒性がとても高く、ヤシの中では小型の部類に入ります。
しかも病害虫にも強いので、思っているより、お手入れに手間がかかりません。

ご来店されたお客様には、必ず目につくところなので、実物をご覧になればご想像がつくと思いますが、スペースは少なくとも直径5メートル前後は確保する必要があります。
ただ、ココスヤシ1本だけで十分に存在感がありますので、お庭やエントランスに単独で植えれば、あまり他のものは植えなくても、十分にかっこいい雰囲気を演出できます。

ちなみに、コロコロ転がっているのは、ココスヤシの実です。
この時は、シロップを作りました。
以前にブログにアップしているので、ご覧になってみてくださいね。
⇒ブログ記事「ココスヤシシロップ」はこちら

2021年07月22日 | 京阪グリーン女子ブログ

お子様のお楽しみ!

お子様のお楽しみ!
本社展示場に、お子様に楽しんでいただけるよう、ガチャガチャを設置しました。
男の子用、女の子用とあって、何がでるかはお楽しみ。
10回に1回の割合で、金のカプセル(当たり)が出たら、さらにおまけがもらえます。

打合せ、大人は新しいおうちやお庭のことを考えるとわくわくして楽しいですが、子どもさんにとっては、いささか退屈な時間・・・
DVDやおもちゃなどご用意しているとはいえ、1時間、2時間、大人の話の間、おとなしく待っていて、みんなえらいなあといつも思っています。
お待たせしたご褒美に、喜んでもらえると嬉しいです。

お子様のお楽しみ!設計担当:岡根

2021年07月21日 | 京阪グリーン女子ブログ

目隠しフェンスもお気に入りのインテリアを選ぶように選びたい!

お庭で過ごす時間が増えると、やっぱり気になるのは、道路やお隣さんからの視線。
昨年から目隠しフェンスのお問い合わせがずいぶん増えました。
毎日目にする場所なので、単に目隠しできればOKではなく、お気に入りのインテリアを選ぶように、目隠しフェンスも選びたいですね。

今日は、ディーズガーデンのアルファウッドをタイプ別に分けてご紹介します。

「機能重視」のノーマルタイプ
目隠しフェンスもお気に入りのインテリアを選ぶように選びたい!

最も選ばれているタイプです。
外部からの視線を適度に遮断しながら、風を通します。
自由設計ですので、板張り材のサイズや色を変えて、オリジナルなデザインも可能です。

「高級感」のアルファウォールタイプ
目隠しフェンスもお気に入りのインテリアを選ぶように選びたい!

石やレンガを表現した樹脂製ウォールを配置したグレードアップタイプです。
特に視線が気になる箇所への完全目隠しや植栽・ライトアップでお庭をもっと楽しみたい方におすすめです。

「癒しの庭」のルポタイプ
目隠しフェンスもお気に入りのインテリアを選ぶように選びたい!
庭の雰囲気を劇的に変える、かわいいウォールを取り入れたタイプです。
かわいらしい壁は倒壊しない軽量素材でできていますので、ご家族とのお庭時間をさらに楽しく過ごすことができます。

サンプルで実際の色や質感を確認していただけますので、お気軽にご来店ください。
来店予約はこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

2021年07月18日 | 設計部の日常ブログ

ハーバリウム

2年前に開催した「さとdeマルシェ」で開いたハーバリウム体験教室で使った材料が余っていたので、作ってみました。

ハーバリウム
「ハーバリウム」とは、もともとは押し花などを含めた植物標本のことを指すそうですが、一般的には、ドライフラワーを透明な液体とともに瓶詰めしたもののことを言います。
インテリアとして人気があるので、すでに作ったことがある方やInstagramなどで見たりして、興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

ハーバリウム
今は、本社展示場内のあちこちに散らばって置いてありますので、ご来店の際には、探してみてくださいね。
この週末も皆さまのお越しをお待ちしております。
お気軽にお越しくださいませ。

ハーバリウム設計担当:岡根

2021年07月08日 | 京阪グリーン女子ブログ

カッコいいガレージで充実した趣味の時間を

大切なお車のために車庫を設置したいというご依頼をいただきました。

カッコいいガレージで充実した趣味の時間を
ヨドガレージの「ラヴィージュⅢ」という商品です。
デザインもモダンで洗練されています。
薄暗くなりかけている時間帯、車庫の中の電気をつけると、なんだか近未来的な雰囲気でとてもカッコいいです!

カッコいいガレージで充実した趣味の時間を
側面には引き戸、換気扇や立水栓も設置し、大好きなお車を触りながら過ごすには快適な空間になっています。
特に男性の方は
「こんなガレージがあるといいなあ」
と憧れておられる方も多いのではないでしょうか。

こちらの商品は、そんな方々の願いを叶えて、充実させるために、様々なオプションを備えています。
そのうちの一つが連結オープンスペースで、自由に使える空間をガレージに連結することができます。
以前に施工させていただいた別の現場の写真になりますが、こんな感じです。

カッコいいガレージで充実した趣味の時間を

⇒ブログ記事「ハイセンスなデザインのガレージ」はこちら。

こちらもカッコいいですね。
こんなガレージがあれば、休日をどんな風に過ごそうか、考えるだけでもワクワクするのではないでしょうか?カッコいいガレージで充実した趣味の時間を

カッコいいガレージで充実した趣味の時間を 営業担当:小嶋

2021年06月27日 | 営業部ブログ

キャンピングカーにもカーポートをつけたい!

お気に入りのキャンピングカー。
キャンピングカーは背が高いので、普通のカーポートでは入りません。
カーポートをなくすという案もありますが、背の高い車は洗車するのも一苦労なので、雨や鳥のフンなどで簡単に汚されたくありませんよね・・・
そこで、カーポートを付け替えて、駐車スペースをリフォームしました。

キャンピングカーにもカーポートをつけたい!
お車に合わせて、高さを細かく設定しました。
この高さのカーポートならキャンピングカーも 、すっぽり!
高さを気にすることもないですねキャンピングカーにもカーポートをつけたい!
柱周りも工夫して取り付け、大きなキャンピングカーも停めやすい駐車スペースになりました。
これだけ広々していると、カーポートの下でバーベキューなども楽しめそうですね!

キャンピングカーにもカーポートをつけたい!
柱の高さの他、お客様の敷地にあわせて間口や奥行もカスタマイズできますので、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

キャンピングカーにもカーポートをつけたい! 営業担当:小嶋

営業担当のInstagramにも掲載しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

京阪グリーン(@keihangreen_kojima)がシェアした投稿

2021年06月26日 | 営業部ブログ

テラス屋根と目隠しで安心してくつろげる場所に

大津市にて、外構のリフォームのご依頼をいただき、行ってきました。
カースペースから掃き出し窓とウッドデッキのところまで、何も仕切りがなく、丸見えになっていたので、目隠しになる壁、そして、ウッドデッキの上にテラス屋根の設置です。

テラス屋根と目隠しで安心してくつろげる場所に
「これから何が始まるのかな??」
お子さまたちも興味津々です。

テラス屋根と目隠しで安心してくつろげる場所に
丁寧にきっちりとブロックを積んでいきます。
当たり前のことなのですが、ビシッと揃ったブロックの縁が気持ちがいいです。
そして、鉄筋もしっかりと。
リフォームのご依頼をいただいて、既存の塀の撤去をすると、この当たり前のことがちゃんとできていない場合が意外と多いのです・・・。
(⇒ブログ記事「下準備は大切」はこちら
見えない部分も丁寧に作業を進めていきます。

テラス屋根と目隠しで安心してくつろげる場所に
塀の形が完成!
ここから塗り壁仕上げをしていきます。

テラス屋根と目隠しで安心してくつろげる場所に
おしゃれな目隠しが完成しました!
塀の工事の前に、テラス屋根も設置させていただいています。

テラス屋根と目隠しで安心してくつろげる場所に
テラス屋根は、YKK APの「サザンテラス」という商品で、木組み感の趣があるパーゴラタイプになっています。
垂木の先端を斜めにカットすることで、洋風のカジュアルさが演出されています。
ナチュラルなデザインで、設置した白い塗り壁仕上げの塀ともよく合います。

しっかり目隠しすることができて、安心してお過ごしいただける空間になりました。
うまく使えていなかったスペースも、きっと快適な空間に生まれ変わります!
ご予算やご希望に応じて、最適なプランをご提案させていただきますので、どうぞお気軽にお問合せください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

テラス屋根と目隠しで安心してくつろげる場所に 営業担当:小嶋

営業担当のInstagramにも掲載しています。

この投稿をInstagramで見る

京阪グリーン(@keihangreen_kojima)がシェアした投稿

2021年06月24日 | 営業部ブログ