STAFF BLOG

HOME > スタッフブログ

ライトアップされたエクステリアの写真を追加しました

先日ご紹介した施工事例「木目調の門柱で演出する和モダン外構 長浜市」に、夜の様子の写真を追加しました。

ライトアップされたエクステリアの写真を追加しました
幹に沿って真下から照らし上げると、程よく幹の陰影を浮かび上がらせるグラデーションとなり、光を透かす葉が印象的な美しい樹木のライトアップが実現します。
おうちの丸窓から見える中の襖模様とマッチし、和のイメージを盛り立てています。
中から照らされたガラス表札も優美です。

ぜひお庭にライトアップを取り入れて、お昼間だけでなく、夜も素敵に快適に演出してみてはいかがでしょうか。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

ライトアップされたエクステリアの写真を追加しました 営業担当:北島

2020年09月30日 | 営業部ブログ

新商品 LIXIL デッキDS

今月から販売されているLIXILの新商品「デッキDS」をご紹介します。
新商品 LIXIL デッキDS
これまでの人工木デッキとは違い、表面がヴィンテージ風に仕上げてあるのが最大の特徴です。
板材に複数の色の樹脂を練り込む「濃淡製法」と表面を「2度削り」にすることで、天然木の見た目と手触りを再現しています。

新商品 LIXIL デッキDS
カラーバリエーションは3色。
丁寧にオイルで仕上げたような色合いの「ダークステインウッド」、木の温かみを活かした色合いの「ブラウンステインウッド」、長い時を経た木の色合いの「グレーステインウッド」です。
どの色も雰囲気があって、ステキですね。

新商品 LIXIL デッキDS

これまでの人工木デッキのようなコーナーパーツは使用せずに、天然木を貼り合わせたような納まりとなっており、より自然な印象を与えます。

発売されたばかりのデッキDSですが、当社ではすでに2台、ご契約いただいており、先日、LIXILの担当者さんとお話していたところ、関西で一番乗りだったそうです!
ちなみに、LIXILのウッドデッキの施工実績も、関西でNo1となっております。

ウッドデッキを設置しようか迷っておられる方、古くなってきたウッドデッキのやり替えを考えておられる方。
ぜひ、豊富な施工実績を誇る京阪グリーンへ、一度ご相談ください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

 

2020年09月21日 | 設計部の日常ブログ

デコれるメッシュフェンス

三協アルミから「デコれるメッシュフェンス(ユメッシュシリーズ)」という商品が出ました。
メッシュフェンスといえば単なる境界線の仕切り、そんなイメージがありますが、いろいろなものをデコレーションすることができます。

デコれるメッシュフェンス
基本的には、幼稚園もしくは道の駅などの公共施設、マンションなどの集合住宅向けになりますが、デザインは自由に考えることができるので、例えば

・お庭にドッグランを作って、飼っておられるワンちゃんの犬種のシルエットをデコレーション。
・お子様の手形をデコレーション(塀などに手形を押しているのはよく見かけますが、新しいパターンになるかも?)

など、考えられるデザインは無限大!オリジナルメッシュフェンスを作ることができます。
デザインは製作面を含め別途打ち合せが必要となります。お問合せください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

2020年09月20日 | 設計部の日常ブログ

臥龍垣(がりゅうがき)

本社展示場にお越しになられて、まず目につくのは、ココスヤシの木(先日ご紹介したココスヤシシロップに使った実は、この木から収穫されたものです)と足元にある、何やらうねうねした竹垣。

臥龍垣(がりゅうがき)
この竹垣は「臥龍垣(がりゅうがき)」と言います。
まっすぐな竹を細く割り、臥龍のようにくねくねと曲げていく高度な技が要求される竹垣です。

臥龍垣(がりゅうがき)
臥龍垣(がりゅうがき)
下記は、完成直後の写真です。
臥龍垣(がりゅうがき)
臥龍とは「眠れる龍」を意味する言葉だそうです。
確かに、龍が臥せた姿に見えますね。
この竹垣を設置したのが、今から5年前。青々としていた竹垣も、年月を経て、風合いが出てきました。

竹垣というと、純和風庭園を思い浮かべますが、こんな風にヤシの木の足元にも意外と合います。
当社には寺院や神社の庭づくりができるほどのベテラン職人もおり、外構・エクステリアにも和庭にも対応することができますので、このような施工を行うこともできます。
このような会社は、他にはなかなかないと自負しております。

和風・洋風など、既成概念の垣根に囚われず、幅広いご提案をさせていただきます。
「こういうエクステリアがいい」
「こんなお庭にしてもらいたい」
お客様の希望される理想のエクステリアやお庭について、どうぞお聞かせください。

2020年09月14日 | 営業部ブログ

メダカビオトープ

本社の庭に置かれている水鉢。
メダカビオトープ
何か生き物がいそうで、置物のカエルさんがいるだけで、実は何も泳いでいなかったのですが
メダカビオトープ
お客様よりいただいたメダカ5匹が仲間入りしました。
写真を撮ろうとしたけれど、人の気配を感じると、さっと隠れてしまうので、なかなか撮るのが難しいです・・・
メダカビオトープ
かろうじて撮れたのですが、分かりますか?
メダカさんが加わることで、ちょっとしたメダカビオトープになりました。

メダカは大人になっても4センチほどにしかならない小さな魚で、丈夫なので、極端にたくさん飼わなければ、エアレーション(酸素供給機)といった特別な道具も必要なく育てることができます。
春になったら卵を産んでくれるといいのですが・・・
これからが楽しみです。

ご家庭でも、ちょっとしたスペースでも始められますので(ビオトープキットなんてものも販売されているようです)お子様と一緒に観察を楽しまれてはいかがでしょうか?

2020年09月11日 | 京阪グリーン女子ブログ

東屋(あずまや)設置工事中です

今、信楽にあるお宅で、東屋(あずまや)の設置工事をさせていただいている最中です。

東屋(あずまや)設置工事中です
東屋の向こう側から、ひょっこりと信楽焼のたぬきさんが顔を出しているのがご愛敬です(笑)

東屋とは、柱と屋根だけで構成、またはそれに簡単な壁面が取り付けられる形でお庭などの屋外に置かれる小さな建屋のことです。
東屋というとなんだか和風庭園にある姿を思い浮かべますが、「ガゼボ」と呼ばれるような西洋スタイルのものもありますので、お好みのお庭のスタイルに合わせて設置できます。

東屋の魅力は、なんといっても、庭の真ん中でゆっくりと庭の風景を楽しめることにあります。
屋根が日差しを遮ってくれるので、心地良い風を感じながらのんびりと読書に耽ったり、ひとりで、あるいはご家族やお友だちとお茶を楽しむなど、いろいろなお庭時間の楽しみ方が生まれ、まさしく「おうちカフェ」にぴったりの空間となります。
また、せっかくこだわりを持って建てたおうちも、そこに住んでいると、あまりじっくり外観をながめることもありませんが、このような場所があることで、大事な住まいの外観も落ち着いて眺めて満喫することができますね!

また完成したらご報告しますので、お楽しみに!
(追記:事例紹介ページ「ゆっくりと庭の風景を楽しめる東屋(あずまや)のある庭 甲賀市」もご覧ください)

東屋(あずまや)設置工事中です 営業担当:宮崎

2020年09月07日 | 営業部ブログ

ウッドデッキとフェンスでお庭を有効活用

以前に施工させていただいたお客様からご連絡いただき、お庭スペースにウッドデッキと目隠しフェンスを設置させていただきました。

ウッドデッキとフェンスでお庭を有効活用
ガーデンポットにフェイジョアを植えて配しました。
このキューブポットは光沢を出した個性的なタイプで、育てる楽しみ、飾る喜びを与えてくれます。
フェイジョアの鮮やかな花が咲くのが楽しみです。

ウッドデッキとフェンスでお庭を有効活用
フェンスはアーバンフェンス。
ウッドデッキはLIXILの樹ら楽ステージです。
3000円相当のカタログギフトがもらえる「ウッドデッキdeいいコト」キャンペーンの対象商品にもなっております。
キャンペーンの詳細はこちらをご覧ください。

ウッドデッキとフェンスでお庭を有効活用 営業担当:上田

2020年09月03日 | 営業部ブログ