STAFF BLOG

HOME > スタッフブログ

ディーズガーデン 人気の表札4種

ディーズガーデンの表札は、南欧風やアンティーク風など、ナチュラルテイストの外構やお庭に合うかわいい表札や、和モダンな門柱に合うシンプルでおしゃれな表札など、様々なエクステリアスタイルにとけ込む繊細なデザインが特徴です。
今日は、人気の4種をご紹介します。

【不動の定番表札】
ディーズガーデン 人気の表札4種文字のディテールにこだわったエレガントな鋳物表札です。
ブライダル文字を参考にしたエレガントな書体で、立体感のあるデザインになっています。
サビないアルミ鋳物ですので、壁が汚れる心配がなく、白い塗り壁にも安心して設置することができます。

【根強い人気】
ディーズガーデン 人気の表札4種鍛鉄風のテクスチャーでシンプルな文字表札です。
アルミ鋳物表札ならではの立体感、細かい質感が特徴。
金属の質感を活かしながらもディテールにこだわることで温かみのあるデザインです。
壁面に取り付けるタイプだけでなく、ブロックや塀の上部に取り付けるタイプもあります。

【モダンで繊細】
ディーズガーデン 人気の表札4種ナチュラルにもモダンにもコーディネートできるスタイリッシュな切文字表札です。
ステンレス素材で錆に強く、特にナチュラルな外構やシンプルな門まわりに合わせやすいデザインです。
すっきりとした曲線が魅力です。

【ディーズガーデンの表札担当者さんのイチオシだそうです】
ディーズガーデン 人気の表札4種こちらも、様々なデザインのエクステリアに合わせやすい切文字表札です。
フレンチレストランのようなイメージを思い浮かべますね。
溶接時のハンドメイド感が表現されています。

おうちにピッタリの表札をご提案させていただきます。
お見積りは無料ですので、ぜひお気軽にお問合せください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

2020年02月29日 | 設計部の日常ブログ

三協アルミのガーデンルーム「ハピーナリラ」で自分色の場所をつくろう!

先日、こちらのブログで、LIXILさんの新商品「ガーデンルームGF」をご紹介させていただきましたが、三協アルミさんからも、新しいガーデンルーム「ハピーナリラ」が発売されます!

詳しい商品紹介は、三協アルミさんの特設サイトをご覧いただければと思うのですが、個人的に一番心惹かれるポイントは、腰壁にハイHタイプが登場したところです。

三協アルミのガーデンルーム「ハピーナリラ」で自分色の場所をつくろう!
採光性とプライバシーを兼ね備えた高さで、隣地からの視線が気にならず、部屋着のままくつろぐことができます。
人間だけでなく、ワンちゃんのストレスも軽減されそうです。

三協アルミのガーデンルーム「ハピーナリラ」で自分色の場所をつくろう!
三協アルミのガーデンルーム「ハピーナリラ」で自分色の場所をつくろう!
アルミ部分は、ホワイト・アーバングレー・ブラックの3色から、腰壁・天井材はトラッドパイン・オレンジチェリー・ビターグレイン・シルキーノーチェの4色からお選びいただけるので、必ずお好みの空間を実現できます。
ちなみに、1枚目の写真はアーバングレー×シルキーノーチェ、2枚目の写真はアーバングレー×オレンジチェリー、3枚目の写真はブラック×ビターグレインの組合せです。

また、ライティングもドットレスラインライト(3枚目の写真の額縁の絵の上部分ですね)、ダウンライト、ペンダントライトと取り揃えており、「部屋」としての空間に、夜間のくつろぎを演出することができます。

アウトドアリビングでの過ごし方を想像するとわくわくしてきますね!
お見積りは無料ですので、ぜひお気軽にお問合せください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

2020年02月27日 | 営業部ブログ

植物も寒い!

今年は暖冬で、私はほぼ移動は車だから余計なのかもしれませんが、この冬は、ダウンコートを着たのは数回しかありません。
でも、時々急激に冷え込んで、ここ数日は、気温が下がり朝と夜は特に寒いですね。

この寒空の下、ずっと外にいる植物のお世話は大丈夫でしょうか?
実は、植物が寒さで枯れる原因は気温ではなく、寒風であることが多いのだそうです。
それを知って「なるほど!」と納得したのですが、

植物も寒い!
写真は玄関ホールに置いているハイビスカスの鉢植えなのですが、この寒い冬に咲き続けて、まだつぼみまでつけています。
暖房が効いているような場所でもなく、こんな寒い中、すごいど根性ハイビスカスだなあと不思議に思っていたのですが、寒風に当たることがないから頑張れていたのですね。

つまり、植物の体感温度を下げさせないことが大切!
このハイビスカスは建物内に入れていますが、ずっと外にいる植物には、トンネルや寒冷紗を周りに張ってやるといい風よけになります。
鉢植えの場合は二重鉢にしてあげたり、地植えの場合はマルチング(腐葉土や籾殻、藁などを敷くこと)をしてあげてもよいと思います。

あと1か月もすれば春になりますね!
残りの冬を植物が元気に乗り越えられるよう、風よけをしていたわってあげたいですね。

2020年02月20日 | 京阪グリーン女子ブログ

お洒落デザインで今どき仕様な、LIXILの新商品「ガーデンルームGF」

お洒落デザインで今どき仕様な、LIXILの新商品「ガーデンルームGF」
今日は、LIXILより4月に発売予定の新商品「ガーデンルームGF」をご紹介したいと思います。

先日、LIXILの担当の方が、当社スタッフ向けに商品説明会をしてくださったのですが、これまでよりもお手頃価格でのガーデンルームを目指して作りました!とのこと。
そのお話どおり、すでに発売されている商品のいいとこどりのような仕様になっています。
ガーデンルームが欲しいけれど、様々な理由から二の足を踏んでおられたお客様には、ぜひ一度ご検討いただければと思います。

オススメポイント1:お手頃価格
お洒落デザインで今どき仕様な、LIXILの新商品「ガーデンルームGF」
まずはなんといってもお値段です。
他社の同レベルの商品と比較しても、かなりリーズナブルな価格設定になっています。
安いと品質が心配になったりしますが、商品はLIXILのものなので、間違いなく安心です。

オススメポイント2:パーツを自由に組み合わせて、自分にぴったりのガーデンルームを実現!
お洒落デザインで今どき仕様な、LIXILの新商品「ガーデンルームGF」引き戸や折戸、腰窓など自由に選ぶことができますので、隣地からの視線が気になる方向には、セミクローズの腰窓付きを選び、お庭に面した方向には、折戸でフルオープン仕様にするなど、ご家族や敷地の事情に合わせたプランを実現することができます。
せっかくのガーデンルーム、思い通りの形にして、毎日の生活のごきげん度をアップしたいですね!

オススメポイント3:木目調のアルミ素材でオシャレ度をアップ!
お洒落デザインで今どき仕様な、LIXILの新商品「ガーデンルームGF」お洒落デザインで今どき仕様な、LIXILの新商品「ガーデンルームGF」
以前、ブログ記事「エクステリアにおける色のトレンド」にて、色のお話をしましたが、実は、これは半分、商品説明会の時に、LIXILの担当者さんがお話してくださった内容の半分受け売りなんです。
「低彩度」「テクスチャー感」を意識したラインナップになっています。
おうちに合わせて、ステキにコーディネートすることができます。

オススメポイント4:DIYできるツールやその他オプションが充実!
お洒落デザインで今どき仕様な、LIXILの新商品「ガーデンルームGF」自由にネジやくぎを打つことができるパーツができましたので、お好きなようにカスタマイズすることができます。
また、日除けやシェード、網戸、物干し、ライトなどさまざまなオプションがあるので、趣味の部屋に、家族だんらんのスペースに、洗濯干しにと、大活躍するガーデンルームを実現できます。

生活の質がぐんと向上すること間違いなしです!
お見積りは無料ですので、ぜひお気軽にお問合せください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

2020年02月18日 | 営業部ブログ

ワンちゃんのいるお庭のチラシを作りました

おうちのお庭・外構を考えられておられる方の中には、ワンちゃんを飼っておられる方も多いのではないでしょうか。
人間だけでなく、ワンちゃんも楽しく過ごせるお庭にしたいですね。

このたび、ワンちゃんのいるおうち向けのお庭のチラシを作りました。
ワンちゃんのいるお庭のチラシを作りました
チラシのPDFは後日アップします。三つ折りのリーフレットタイプになっています。
(⇒アップしました!こちらのお知らせ記事「ワンちゃんのいるおうち向けのお庭のチラシを作りました」からダウンロードできます)
ワンちゃんの飼い主さんに直接お届けできたらと思い、昨日、何件かお店などを回ってみましたが、快く置いていただき、たいへんありがたかったです。

昨日、おじゃましたお店をご紹介します。

ワンちゃんのいるお庭のチラシを作りました1店目は、フォレオ一里山の中にあるセンチュリーペットフォレオ大津一里山店さんです。
新しいおうちとお庭にお出迎えするワンちゃんとの出会いを探しにいってもいいかもしれませんね。
サークルの中で子犬ちゃんが何匹か遊んでいて、写真を撮らせてもらおうと思ったのですが、元気いっぱい、すばしっこくて、どんくさい私はその動きについていけず、ちゃんとした写真が撮れませんでした(苦笑)
⇒お店のホームページはこちら
⇒お店のブログはこちら

ワンちゃんのいるお庭のチラシを作りました2店目は、雄琴の湖岸道路沿いにあるwiyn pet(ウィンペット)さんです。
今はこちらのお店だけですが、来月にはブランチ大津京の中にもお店ができるそうです!
ペットホテルも併設しているので、ワンちゃんのことならなんでも相談できますね。
写真のワンちゃんは、ものすごく人懐っこくて「撮って♪撮って♪」と言わんばかりにアピールしてきてくれました。
⇒お店のホームページはこちら
⇒お店のInstagramはこちら

ワンちゃんのいるお庭のチラシを作りました最後は、雄琴温泉にある暖灯館きくのやさんです。
ワンちゃんと泊まれる旅館で、ワンちゃん用の露天風呂付のお部屋も2部屋あります。
看板犬の舞子とまめ太郎もお出迎えしてくれます。
ワンちゃんと一緒にのんびりした時間を過ごしに行ってみてはいかがでしょうか。
⇒旅館のホームページはこちら

これからもお店を回っていこうと思います。
大津市内に限らず、滋賀県内でしたらお伺いしますので、もし置いてくださるお店がありましたら、お知らせください。
チラシに興味のあるお客様もぜひお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

2020年02月16日 | 京阪グリーン女子ブログ

おしゃれな外構にするための3つのポイント

外構・エクステリアは、おうちの外観を大きく左右する大切な要素です。
せっかくこだわってデザインして建てたおうちも、外まわりがイマイチだと台無しになってしまいます。
今回は、おしゃれに見せるために押さえておきたいポイントを3つご紹介します。

主役は建物!
おしゃれに見せたいがために意気込んで、華やかなアイテム(デザイン性の高いタイルやフェンスなど・・・)ばかり選んでしまうと、結果、ちぐはぐなものになってしまいます。
主役はあくまでも建物です。「建物を引き立てる外構にする」という視点を忘れないようにしましょう。
・トータルでバランスをとる
⇒建物がデコラティブなら、エクステリアはすっきりと。シンプルなら外構でアクセントを。
足し算引き算が大切です。
・テイストを揃える
⇒建物がモダンなら外構もモダン。建物が輸入住宅風なら外構もそろえるのが基本です。
そのためにも、外構業者との打ち合わせの際には、かならず、建物の立面図や仕様書をお持ちくださいね。
おしゃれな外構にするための3つのポイント

黒を基調にしたスタイリッシュなお住いと一体化
この事例の紹介ページ「建物と一体化。スタイリッシュエクステリア 守山市」はこちら

   
色を揃える!
洋服でもカラーを統一するとおしゃれに見えますよね。
カラフルなものもいいのですが、なかなかコーディネートが難しいです。
エクステリアも、色の数は少なめにした方が失敗しません。
建物の色をベースに、同じ色でもよいですし、薄めの色、濃い目の色でグラデーションになるようにしてもよいでしょう。
・玄関ドアやサッシと色をそろえる
⇒門扉やフェンスなどのアルミ製品は、玄関ドアや窓のサッシ枠と色を合わせると統一感が出ます。
メーカーもそろえると、同じ色になるので、さらに合わせやすくなります。
・アクセントカラーは少なめに
⇒アクセントに色を入れたい場合は、全体の1~2割くらいに押さえましょう。
ポストや立水栓など小さなアイテムの色に差し色を選ぶのがおしゃれでお勧めです。

おしゃれな外構にするための3つのポイント

明るいオレンジのポストがシンプルな中のアクセント!
この事例の紹介ページ「手仕事が映えるシンプルな美しさ 大津市」はこちら

    
植物を効果的に使う!
忙しくて手入れが大変だから・・・と敬遠する方も多いですが、ほんの少し入れるだけで、グッとおしゃれ感が増します。
お手入れが簡単な植物もたくさんありますので、ぜひ相談してみてください。
植物を入れるのに最もおすすめなのは、門まわり!
一番目立つ、おうちの顔になる部分を飾ることで、雰囲気がとてもよくなります。
シンボルツリーも門まわりに植えて、夜はスポットライトで下から照らせば、昼とはまた違った表情のエクステリアになります。
おしゃれな外構にするための3つのポイント

中木樹と低木樹、大小の岩をあしらい、上品で落ち着いた雰囲気を醸し出します。
この事例の紹介ページ
「駐車スペースからエントランス・アプローチまで一体感のあるデザイン 大津市」はこちら

     
次におすすめなのは、ガレージの土間部分に草目地をいれること。
タマリュウや芝生などを入れると、雰囲気がよくなります。
おしゃれな外構にするための3つのポイント

アプローチと前面のカースペースを、洗い出しでつなげ、曲線の目地にタマリュウを植えました。
この事例の紹介ページ「カースペースを兼ねた広々スペース 草津市」はこちら

     
ぜひお気軽にお問合せください。おうちにぴったりのプランをご提案いたします。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

2020年02月13日 | エクステリアコラム

かわいい見た目の宅配ポスト

最近人気の宅配ポスト。
でも、「宅配ボックスは欲しいけど無機質なデザインのものはちょっと・・・」という方もおられるのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、ディーズガーデンの宅配ボックス「オルレア」です。

かわいい見た目の宅配ポスト
今までになかった、可愛い見た目の宅配ポストです。
植栽に馴染み、ファサードに設置しても魅せる役割を果たしてくれます。
また玄関先に置いた際は天板に荷物やお花を置くこともできます。

据え置きタイプなので後施工も簡単。
中の有効サイズが約横394mm×高さ536mm×奥行439mm、2Lの飲料水6本入りが2ケース収納できるサイズです!!
重量25kgまで収納可能。
しっかり入って丈夫で、見た目だけではなく、機能的にもバッチリです。

かわいい見た目の宅配ポスト
扉カラーは、シャビーホワイト・シャビーグレー・シャビーブルー・ブラウン全4色から選べます。
曲線などのラインデザインややさしい質感にぴったりの色味です。

お気軽にスタッフにお尋ねください。

2020年02月10日 | エクステリアコラム

立春の庭

昨日は節分でした。
本社では、その時、事務所にいたスタッフで、豆まきをしました。

立春の庭
お面の大きさが全く顔の大きさと合っていない、どことなくマヌケでかわいらしい鬼さん。
この後、大人げない面々に、容赦なく豆をぶつけられていました(笑)

節分とは、その字のとおり「季節を分ける日」
まだまだ寒い日が続きますが、暦の上では、今日から春です。
当社のお庭も、一見寒々しいですが、よく見ると、春の気配が感じられます。

立春の庭 立春の庭
クリスマスローズのつぼみとカルミアの花芽。

立春の庭 立春の庭
シデコブシも花芽をつけています。
足元では、寄せ植えが春に向けて、じっと力を蓄えています。

立春の庭
ヒマラヤユキノシタ。
ちょっと他のみんながお休み中、縁の下の力持ちのように、お庭をひっそり彩ります。

お庭を考える時、どうしても、緑や色とりどりの花が美しい季節の様子を思い浮かべますが、そんな景色も、植物さんたちが寒い季節を乗り越えることで支えられているのですね。
おうちのお庭の参考に、ぜひ遊びにいらしてください。

今のお庭の様子は、日々、Instagramでも掲載しています。
→京阪グリーンのInstagramページはこちら。

2020年02月04日 | 京阪グリーン女子ブログ

エクステリアにおける色のトレンド

住宅街を歩いていると、場所によって、カーポートやフェンスなどの素材の色に傾向があると思いませんか?
ファッションでも、よく「今年のトレンドカラーは、この色!!」などとテレビや雑誌で取り上げられていますが、エクステリアにも同じように流行りの色があり、その年のトレンドカラーが使われることが多いです。
新規に開発された住宅地では、同じような時期に新築されているので、おうちを建てた時期により、エクステリアの色合いも違ってくるのでしょうね。

近年のエクステリア・インテリアにおけるカラートレンドは、下記のような傾向があるようです。

[落ち着いたアースカラー]
アースカラーと言われるベージュやグレー、ブラウンが多く使われるようになっています。
インテリアでは、グレーのソファーが多く、彩度の低いイエローやグリーンがアクセントでプラスされることが多い傾向です。

[ウォールナット、マホガニーなど「赤系樹種」の濃い色]
木目の表情を残したまま、グレーに着色されたり光沢のある仕上げにしたりという流れもみられます。

[無骨なインダストリアルマテリアルが活躍]
ブラックアイアンなどを使った無骨なマテリアルが多くみられます。

[大理石などに代表される大胆な柄の石素材]
はっきりした木目やマーブル模様が特徴の大理石が近年のトレンドです。

まとめると、「低彩度」「テクスチャー感」この二つがキーワードになります。

エクステリアにおける色のトレンドシルバーグレーの塗り壁で仕上げ、アクセントに木目調タイルでラインを入れています。
このシルバーグレーの塗り壁は、サイトを見て気になった方もおられたようで、何件か「この塗り壁の塗料は何を使っているのですか」というお問合せもいただきました。
⇒この事例の紹介ページ「鋭角なフォルムが特徴的な門柱 大津市」はこちら。

エクステリアにおける色のトレンドおうち自体が黒を基調に、木目をポイントにしたスタイリッシュなデザインです。
エクステリアもシックなブラックでまとめています。
⇒この事例の紹介ページ「建物と一体化。スタイリッシュエクステリア 守山市」はこちら。

エクステリアにおける色のトレンド今人気の宅配ポストも、チェリーウッドのフレームとブラックの本体の組合せで、ずいぶんおしゃれになります。
こちらはLIXILの商品になりますが、LIXILでは、この春にガーデンルーム・フェンス・ウッドデッキもトレンドカラーを取り入れた商品が発売予定とのこと。
お庭・外構を考えるのがますます楽しくなりますね!

2020年02月03日 | エクステリアコラム