STAFF BLOG

HOME > スタッフブログ

フェンスの素材について

フェンスの素材について
エクステリアを考える際に欠かせないのが「フェンス」です。
自然感のある外構にしたいということで、フェンスを木材でと考えられている方も多くいらっしゃいますが、お住まいの地域によっては、冬になると雪が積もるなど、常に湿気にさらされる場合もあり、耐久度が心配な場合もあるかと思われます。

まず、雪に耐えられるかどうかの前に、設置して期間が経つと腐ってもろくなりやすいことが懸念されます。
防腐剤が添加されている塗料を毎年塗り、メンテナンスをすることである程度防ぐことはできますが、長い目で見ると、かなり難しいのではないでしょうか。

そこで、樹脂木材という選択肢はいかがでしょうか。
木ではありませんので、メンテナンスは不要ですし、耐用年数もかなり長く、色あせや腐食の心配がありません。また、その他のメリットとしては、

・湿気を吸わないため、天然木と比べて、反りが起こりにくい。
・防腐処理やシロアリ対策などで薬剤を塗る必要がないため、小さな子どもさんやペットなどが万が一舐めてしまっても安心。

などが挙げられます。

メーカーからはいろいろな色の材料が出ていますし、木粉が混ぜ込んであり、木の風合いが感じられるものもあるのもうれしいところです。

ただし、デメリットもあります。それは「熱を吸収しやすく、冷めにくい」という点です。
夏の日差しを浴びた場合などは、素手で触るとかなり熱く感じられると思います。

そこで、もう一つおすすめしたい材料は「ハードウッド」という天然木です。
ハードウッドはハードという言葉通り硬い木材のことで、繊維が非常に細かく密になっています。そのため、腐食や虫などの害に大変強くなっています。
美観上は定期的に塗装した方が望ましいですが、耐久性は十分にあります。

ただし、普通の樹木や人工木と比べると、材料費は高くなってしまいます。

ご予算やメンテナンスにどれだけの手間暇をかけられるか、長い目で見て選んでいただくのがよいかと思います。
当社のホームページでも、いくつかフェンスの紹介をしていますので、チェックしてみてください。
→フェンスの紹介はこちらから

2019年01月29日 | エクステリアコラム

外構(エクステリア)見積りについて

外構(エクステリア)見積りについて
「外構屋さん数社に見積もりをお願いしたら、だいぶん金額が違うんだけど、どうしてでしょうか?」というご質問を受けることがあります。
 
同じような内容に見えても、残土処分が含まれているのか含まれていないのか、土間のコンクリートの仕様、カーポートのメーカーや仕様が違っているかもしれません。
積雪地帯であれは、カーポートの耐荷重も大事です。
他と比べて極端に安い見積りは、何か必要な項目が落ちている可能性がありますので、見積明細書をよく確認してみてください。
 
あと気を付ける点としては、お宅を見ていないにも関わらず、価格や値引きの話をしてくるような業者は避けた方がいいでしょう。
工事内容の提案を行うためには、おうちのデザインや建物全体のイメージを把握しなければ、プランニングを行うことができないためです。
 
では、外構業者を選ぶのに金額は重要な要素ですが、他にどのような点に気をつければよいでしょうか?
 
皆さん、外構を依頼するのは、一生に何度もあることではありませんから、分からないことがたくさんあると思います。
なんでも疑問に思ったことは質問してみて、めんどくさがらずに丁寧に答えてくれるところ、レスポンスよく答えてくれるところがいいのではないでしょうか。
質問に対する返事が具体的であるかどうか、説得力のあるものであるかどうかによって、その業者、担当者がどれくらいの施工例があるのか、どんな現場を見てきたのか、どれだけの経験値があるのかを測ることができるかと思います。
遠慮せずに分からないことは何でも聞いてみてください。
 
また、多くの会社がホームページを持っています。
ホームページがあれば、そこに施工事例の掲載の有無、施工実績の数、古い施工事例が掲載されたままではなく、新しい事例が掲載されているかどうか、確認してみてください。
もちろん、事例を見て疑問に思ったことも質問してみてくださいね。
 
京阪グリーンでは、さまざまなご要望にお応えし、数多くの施工実績があります。
→京阪グリーンの豊富な外構施工実績はこちらからご覧いただけます。
ぜひご覧になっていただき、大切なお庭造りの参考になさってください。
 
メールでのお問い合わせは、こちらから。
もしくは、077-546-2877までお気軽にお電話ください。お見積りは無料です。
2019年01月18日 | エクステリアコラム

メモリアルプレート 手形

メモリアルプレート 手形
メモリアルプレート 手形

門柱の側面に新築外構を記念してメモリアルプレート設置しました。
美濃クラフトの商品で手形が立体になります。将来ご家族が増えましたら下に取付予定です。楽しみですね。

担当:宮崎忠

2019年01月10日 | 営業部ブログ

ひなたぼっこ

ひなたぼっこ
おしりだけが見えています。かくれんぼをしているわけではなく…
ひなたぼっこ
ひなたぼっこしています。
暖かな日はよくウッドデッキにひなたぼっこに行くのですが、日差しがあるわりに今日は風が冷たいのですぐ入ってきました。
でも、やっぱり暖かさを求めて見つけたのがココ!
カーテンの隙間に入り込み小さな窓からお日様の光を浴びて寝ていました。
ひなたぼっこ
京阪グリーンではお客様とペットが快適に過ごすためのお庭づくりなどのご相談も承っております。
ホームページの
ペットと楽しく!快適ペットライフの始まり! ペットのことを考えたガーデンルーム!を一度のぞいてみてください。
2019年01月07日 | 京阪グリーン女子ブログ

新しい年が始まりました。新しいお庭を考えてみませんか?

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は年号も変わり、また新たなスタートの年になりますね。
そんなスタートの年を迎えるにあたって、新しいお庭のことも、少し想像して、いろんなデザインイメージを頭の中でいろいろ膨らませてみるのも、楽しくてよいのではないでしょうか?

お庭のデザインを考える時、ひとつのポイントは「使う庭」「観る庭」どちらをメインにするのか?ということです。

 

新しい年が始まりました。新しいお庭を考えてみませんか?
 
子どもを遊ばせたい・・・
愛犬を放し飼いにしたい・・・
家族やお友だちとガーデンパーティーを開きたい・・・
という方には、デッキや屋根付きテラスなどをメインにした「使う庭」をお勧めします。
新しい年が始まりました。新しいお庭を考えてみませんか?
 
リビングからの眺めを楽しみたい・・・
庭を眺めながらくつろぎたい・・・

という方には、庭の中心となるシンボルツリー(庭や家を引き立ててくれる、家のシンボル(象徴)となる木のこと)や季節感のある樹木を植えたり、飛び石などを置いたりした「観る庭」をお勧めします。

もちろん、両方を兼ね備えた庭も可能です。
お庭は、毎日の生活に密接に結びついているものです。

どんな風にお庭で日々過ごしたいのか、たくさん想像してみてください!
そして、叶えたいお庭のイメージが膨らんだら、ぜひ、京阪グリーンまでご相談ください。
当社のデザイナーが、あなたのイメージを実現します。

メールでのお問い合わせは、こちらから。
もしくは、077-546-2877までお気軽にお電話ください。お見積りは無料です。

 

2019年01月07日 | エクステリアコラム

防犯面などを考えると、門扉・門柱は設置した方がいいのでしょうか?

防犯面などを考えると、門扉・門柱は設置した方がいいのでしょうか?

「設計部の日常ブログ」となっていますが、これからは、時々、よくあるご質問にお答えしていきたいなと思っています。
不定期更新ですが、よろしくお願いします(^^)

今回は、防犯をテーマに書いていきたいと思います。

1:最近は、門やフェンスを設けず開放的な空間を演出したオープン外構のおうちが多いですが、防犯面を考えると、しっかり柵で囲われたクローズ外構の方がよいのかとも思うのですが、どうでしょうか?

侵入者に対する防犯を基準として考えると、確かに、クローズ外構>オープン外構 となりますね。
単純に物理的に侵入が困難になりますので・・・
しかし、逆に言うと、一旦敷地内に入ってしまえば、周囲からの視線を気にせずに動き回れるという、侵入者にとっては大きなメリットになってしまうことも考えられます。
オープン外構だからといって、防犯策がないわけでも、クローズ外構だからといって、絶対に安心というわけでもありません。
費用対効果としてどこまでの防犯性を求めるかも含めて、ご相談されるのがよいかと思います。

2:オープン外構でも防犯性を高めるには、どのような対策がありますか?

門扉や塀を作ったほうが防犯面では安心というイメージがありますが、実はそうでもないのです。
かえってオープン外構のほうが人の目が常にある分、防犯面がしっかりしている場合もあるでしょう。
見知った仲で敷地内の状況を気に掛けておくということは大事です。

その他、考えられる対策としては、
・音の出る砂利を敷きつめる
・センサーライトや監視カメラを設置する
・カメラ付きインターホンを付ける
・防犯性の高いドアや窓にする
・窓の設置位置を変える
・外部から上階に侵入できないように、余計な出っ張りを極力なくす
などの工夫が考えられます。

毎日生活するおうちですから、デザイン性だけでなく、安心・安全も考えた上でお庭作りも考えたいですね。

2018年12月27日 | エクステリアコラム

多肉植物 黒法師

多肉植物  黒法師
多肉植物のアエオニウム属の黒法師を育てています。夏は休眠し冬に生長する秋冬型の多肉植物です。一輪のお花を咲かせているようなこの黒法師。増やしたいなぁと思って思い切ってカットしました。うまく、生長して増えますように…
2018年12月17日 | 京阪グリーン女子ブログ

もみじ

もみじ
前庭のもみじの落葉が始まりましたもみじ
いよいよ寒い冬を乗り越えるための休眠に入るようです。
もみじ
木が真っ赤になっている姿も素敵でしたが、こうやって落ちている姿もまたこの時期ならではでいいですねもみじ
もみじ
来年の春また、芽吹きをし夏、秋、冬…と一年を通して楽しませてくれることと思います。
2018年12月13日 | 京阪グリーン女子ブログ

季節の移り変わり

季節の移り変わり
一か月前まだほのかに紅葉しはじめたばかりの前庭のもみじもらすっかり葉を赤くしました。
季節の移り変わり
前庭にはさざんかも咲きはじめています。
守山支店の玄関には、ポインセチアも。
ポインセチアはこの時期はよく見かけるようになりますね。
置いてあるだけでパッと華やかになります。
クリスマスフラワーとも言われているそうです。
今は玄関に置いていますが、寒さに弱いので、もっと気温が下がる時にはあたたかい部屋へお引越しです。

いろいろな植物から季節の移ろいを感じ楽しむのもいいですね。

季節の移り変わり
2018年12月10日 | 京阪グリーン女子ブログ

守山支店12月の定休日

守山支店12月の定休日
12月   5日(水)
12月 12日(水)
12月 19日(水)
12月 26日(水)
*12月29日~1月6日まで年末年始のお休みをいただきます。
ぜひ、お庭のご相談にお越しください。お待ちしております守山支店12月の定休日
2018年12月01日 | 京阪グリーン女子ブログ