WORKS

HOME > 施工事例 > モノトーンに植栽で奥行きを持たせたモダンな新築外構 大津市

モノトーンに植栽で奥行きを持たせたモダンな新築外構 大津市

モダンな建物の外観とコーディネートし、モノトーンでまとめた新築外構です。
門柱は、ブラックの吹付で仕上げ、切り抜き文字の表札をアクセントに。
玄関前にもアイボリーの門柱を設置し、道から玄関まわりを目隠しすると同時に、2つの門柱を互い違いに設置することにより、アプローチに奥行きを与えています。
カーポートや立込も、マットブラックでシンプルなものを選んでいますが、植栽を配置することで、表情豊かに。
シンボルツリーの足元に下草を植えることで、植栽に安定感やボリュームが出て、奥行きと落ち着きのある外構となりました。

工事中の様子も掲載しています。併せてご覧ください。
⇒ 守山支店スタッフブログ「門柱ができるまで」はこちら。

担当者 上田 雅之
デザイン 秋田 楠

presented by 京阪グリーン守山支店

キーワード

モダン モノトーン 駐車スペース 三協立山アルミ カーポート 表札 アプローチ 門柱 タイル貼り
LIXIL「お庭にGoToキャンペーン」のお知らせ   庭すまいるショップ「コマーシャルはじめました」記念キャンペーン

  「オープン外構」「カースペース」「アプローチ」「門柱」「おしゃれな施工事例」「モダンな施工事例」の他の事例