WORKS

HOME > 施工事例 > 風通しと目隠しを両立した大和塀風の目隠し 草津市

風通しと目隠しを両立した大和塀風の目隠し 草津市

赤いポストと人工芝がおうちの白い外壁に映える新築外構です。
シンボルツリーとして常緑ヤマボウシを植えました。
目隠しフェンスには、ナチュラルな色合いのアーバンフェンスを。
以前に「やまと塀」の事例をご紹介したことがありますが、やまと塀は縦貼りなのに対して、今回は横貼りに。
板を1枚おきに、裏表から少し重ねて貼り、間に縦桟をとおして、縦桟の厚みだけ隙間を空けることにより、風通しと目隠しを両立しています。

担当者 宮崎 忠
デザイン 秋田 楠

presented by 京阪グリーン守山支店

キーワード

駐車スペース アプローチ タイル 人工芝 フェンス 目隠しフェンス セキスイハイム 芝生 タイルデッキ
LIXIL「春のガーデンリフォーム応援キャンペーン」のお知らせ  三協アルミ「わくわくご購入キャンペーン」のご案内

  「オープン外構」「カースペース」「アプローチ」「ナチュラルな施工事例」の他の事例