STAFF BLOG

HOME > スタッフブログ > 椿(ツバキ)と山茶花(サザンカ)

椿(ツバキ)と山茶花(サザンカ)

サザンカ

自宅の玄関先のサザンカが今年も花をつけました。
植えてから20年。
ろくに肥料もやらず、全くほったらかしなのですが、毎年、鈴なりに花をたくさんつけてくれます。

最近は、あまり庭木には使われないようですが、花が少ない冬の時期に、鮮やかなピンク色の花が周囲を明るくしてくれるので、気に入っています。
我が家は1本植えているだけですが、生垣にしてもよいでしょうね。

ところで、自分で植えておきながら
「これは、ツバキなんだろうか?サザンカなんだろうか?」
とずっと思っていたのですが、椿と山茶花の違い、皆さんはご存知ですか?
開花の時期や葉の葉脈など、いくつかポイントはあるみたいなのですが、花の咲いている時期なら、いちばん分かりやすいのは、

椿(ツバキ):花が散る時に、花首から落ちる
山茶花(サザンカ):花が散る時は、花びらが落ちる

なのだそうです。
そういえば、ツバキは「首が落ちるので縁起が悪い」と昔、武士には嫌われていたと聞きます。
うちの玄関は、冬になると、ピンクの花びらだらけになるので、サザンカなんだなと分かった次第です椿(ツバキ)と山茶花(サザンカ)

本社展示場には、ツバキ・サザンカは植わっていないのですが、守山支店の前庭には、寒椿が植わっています。
守山支店のブログ「寒椿(カンツバキ)」
またお立ち寄りになった際には、見てみてください。

2019年11月13日 | 京阪グリーン女子ブログ