STAFF BLOG

HOME > スタッフブログ > 春に向けて、お庭時間充実計画!その1「ウッドデッキ」

春に向けて、お庭時間充実計画!その1「ウッドデッキ」

明後日は節分です!
節分とは、各季節の始まりの日の前日で、「季節を分ける」ことを意味しています。
暦の上では春になるのですね。

まだまだ寒い日が続きますが、あと1か月もすれば、暦の上だけでなく、体感としても春がやってきます。
暖かい日差しの中、お庭で過ごす時間が楽しくなる季節です。
「何をして過ごそう?」なんて、ご家族でワクワク相談しながら、そろそろ春に向けて、お庭計画を考えてみませんか?

今回は、お庭アイテムの中でも一番人気のある「ウッドデッキ」のご紹介をさせていただきます。
各メーカーから、いろいろな商品が出ています。
それぞれ特徴があるので、比べながら選ぶのも楽しいですね。

タカショー エバーエコウッドリアル
従来からある「エバーエコウッド」シリーズで、より本物に近いリアルな風合いとカラーを追求した新しい商品です。
デッキ材の表面に凹凸加工を加え、繊細で美しい木目の風合いを再現されており、より本物に近い触り心地を追求しています。
また、1枚1枚に自然な色差をつくることで、従来の人工木材では表現できない、天然木のようなこだわりの表情に仕上がっています。

本社展示場の打ち合わせスペースにて、実物をご覧いただけます。
春に向けて、お庭時間充実計画!その1「ウッドデッキ」
自然な風合いが魅力的な3種類のカラーバリエーション(アンバー・オリーブ・セピアブラウン)があります。
手前3色がエバーエコウッドリアルになります。
※奥のものは、以前からある他社製品のサンプルです。

春に向けて、お庭時間充実計画!その1「ウッドデッキ」
そばに寄ってみると、表面の自然な風合いをさらに感じていただけるかと思います。
ぜひお立ち寄りいただき、実物をご覧になってみてくださいね。

三協アルミ ひとと木キュアーズ
2021年3月に発売予定の商品です。
リアルな質感と幕板を使わないことで、より本物の木に近づかせています。
幕板の役割はデッキ材の端を隠して意匠性をよくするものですが、幕板はあえてなくし、デッキ材一枚一枚にキャップを取り付けて仕上げることで、よりシンプルなオシャレな仕上がりになっています。
ご近所とは一味違うデッキが欲しい方にはおススメかもしれません。

春に向けて、お庭時間充実計画!その1「ウッドデッキ」
LIXIL デッキDS
去年9月に発売された商品です。
これまでの人工木デッキとは違い、表面がヴィンテージ風に仕上げてあるのが最大の特徴です。
あと、コーナーパーツは使用せずに、天然木を貼り合わせたような納まりとなっており、より自然な印象を与えます。
↓本物の木で組んであるように見えますね。
春に向けて、お庭時間充実計画!その1「ウッドデッキ」
YKKAP リウッドデッキ
メンテナンスが楽な新素材リウッドでつくられたデッキで、安心・安全な商品です。
こちらの事例では、同じ素材のフェンスも目隠しに取り付けています。
⇒この事例の紹介ページ「プール遊びもデッキでご機嫌! 大津市」はこちら

春に向けて、お庭時間充実計画!その1「ウッドデッキ」
ご予算やご希望に応じて、ぴったりの商品・プランをご提案させていただきます。
ぜひ、おうち時間・お庭時間充実計画を一緒に考えさせていただければと思います。
豊富な施工実績を誇る京阪グリーンへ、一度ご相談ください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

追記
「春に向けて、お庭時間充実計画!その2「ガーデンルーム・テラス」」はこちら
「春に向けて、お庭時間充実計画!その3「日除けシェードで自然浴空間」」はこちら
「春に向けて、お庭時間充実計画!その4「人工芝で家族みんなに優しいお庭」」はこちら

2021年1月31日 | エクステリアコラム