STAFF BLOG

HOME > スタッフブログ > 大学キャンパス内の植栽工事

大学キャンパス内の植栽工事

今、某大学の植栽工事に入らせていただいています。
来春、新しい学部が開設されるにあたって建設中の新棟の周囲の植栽工事です。

植え付け前に地面に苗の1.5~2倍ほどの植え穴を掘り、掘りあげた土に堆肥や腐葉土、肥料などを混ぜ合わせます。
そして、混ぜ合わせた土を植え穴の3分の1ほど戻した後、中央に植え付ける苗木を置き、残りの土を戻して埋めます。
植え穴のまわりを高く盛って囲うように水鉢を作り、水が溜まるぐらいまで水を入れます。
(よく写真を見ると、木の根元の土が鉢状になっています。分かりますか?)

大学キャンパス内の植栽工事
植木を左右に傾けながら水を注ぎ、水が引いたら支柱を立て、苗木と結束を行います。
お行儀よく、土手の上に並びました大学キャンパス内の植栽工事

大学キャンパス内の植栽工事
こちらの大学では、今年4月に、新しく3学部4学科開設されるのだそうです。
いろいろな希望に胸を膨らませて、入学してくる学生さんたちをこれらの木もお出迎えすることになります。
学生さんが在学している4年の間に、木々もどれくらい成長するのでしょうか?
楽しみですね。

また、全て完了したら、ご紹介します。

大学キャンパス内の植栽工事造園部担当:岡田