STAFF BLOG

HOME > スタッフブログ > サンルームとガーデンルームの違い

サンルームとガーデンルームの違い

先日、この春、新発売されるガーデンルームをご紹介しました。
⇒お洒落デザインで今どき仕様な、LIXILの新商品「ガーデンルームGF」
⇒三協アルミのガーデンルーム「ハピーナリラ」で自分色の場所をつくろう!

ところで、ガーデンルームの他に「サンルーム」という言葉もありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

サンルームとガーデンルームの違い⇒この事例の紹介ページ「腰壁のガーデンルームで落ち着きのひと時を 大津市」はこちら

サンルームとは、その名の通り、太陽の光を取り込むために壁や屋根がガラス張りとなっている、庭に面したお部屋を指します。
コンクリートでしっかりと基礎が作られており、気密性の高いサッシで囲まれているものも多いです。
対してガーデンルームは、比較的気密性が低いつくりになっています。
床はウッドデッキやタイルテラスになっていて、扉はポリカーボネイト製の折戸が使用されているものが多いです。

厳密な定義があるわけではないのですが、サンルームは家の延長にある空間ガーデンルームは庭の延長にある空間と考えるとよいかもしれません。
どちらにしても、光がさんさんと降り注ぐ明るい空間になることは間違いなく、おうちでの過ごし方の幅が広がります。

お客様の希望に沿ったプランをご提案させていただきます。
お見積りは無料ですので、ぜひお気軽にお問合せください。
お問い合わせはこちらから。
スマートフォンでご覧の方は、上部の電話アイコンから直接お電話していただけます。

2020年3月20日 | エクステリアコラム